• みれんぎじゅく

★テストの点数を上げたければ 学習時間を 45分にする!


わが子の「自ら学習するくせ」を育てる 親の上手な「促し方」 定価1300円+税





本が紹介されました!




Are You HAPPY? 1月号に掲載されました!




全国 38都道府県、118の図書館で蔵書されました

カーリル [地域の図書館検索サイト]




本が紹介されました! 

◆ダ・ヴィンチニュース 読みたい本がここにある

学校では教えてくれない「わが子」に向いている伸ばし方


1人でも多くの子供達が、一つでも多くのご家庭が笑顔になれれば嬉しく思います









小学生、中学生の皆さん


「 家での学習時間が 60分を超えていますか?」


「 60分越えての勉強で テストの点数が


  自分の目標としていた点数になりましたか?」




こういう質問をすると、ほとんどの子ども達は手を下げます


60分以上勉強していたのにテストの点数が自分が思っているほど


上がらない人のために、テストの点数が上がる方法の一つをご紹介します











塾で指導していると


子供個人個人によって「 この子はこの方法がいいな~ 」という方法があります


小学生は学校の授業時間が 45分ですね


中学校は 50分ですが時短授業の場合は 45分です


私がこれまでに指導してきた方法は 45分を集中させるやり方です


ところが 大人でも 45分集中しているかと言えば… 答えは NOです




子ども達も例外でなく、45分は集中力が続かない


指導していると分かるんです


解答スピードが急に落ちてくるのが…


または正答率が下がってくるのが…




「 どうしたら 子ども達に 集中して効率よく学習できるかな~ 」


と悩む日々が続いたことがありました


悩んでいる時って答えが出ないもので 時間ばかりが過ぎていきます


ある日、学校での指導経験の記録を整理していた時、


気がついたんです!


45分を半分か 1/3に分けて指導していたこと




思い出すと子供達に「 先生の授業、凄く好きなんだ~ 」


言われたことがありました


私 「 どういうところが好きですか? 」


児童 「 先生の授業は前半と後半で 違うことやるから楽しいです」


当時(数年前)は 45分授業の前半漢字、後半算数なんてザラに指導していたんです




これを塾でも取り入れて現在指導しています


したがって 塾の 1コマも 45分授業ですが


前半 20分、後半 25分という やり方をすることが多いです


実際にこのやり方で指導すると 子供たちの集中力が


もつことがほとんどです


学校のテストの点数も上がるし、


検定試験は 1発勝負なので集中力は大切になります











この 45分という時間の使い方次第でテストの点数が上がりました


漢字の学習はどうしても単調になりやすいので


45分を 1/3に分けて指導する場合がほとんどです


つまり


15分(学習)---5分休憩---15分(学習)---5分休憩---15分(学習)


このやり方で 解答スピード、正答率が格段に上がるんです!


どうしても集中できないお子さんは 試してみてください



国語でも算数でも他教科の宿題も同じやり方で出来ますよ


必ずアラームの鳴る時計をそばに置いてやってくださいね


どうやら以前から触れさせている脳の記憶に関係しているようです


私は脳科学者ではないので分かりませんが、


中長期記憶に定着しやすいようです


定着しやすいということは学習したことを覚えているので


新しいことを学習する時間に進めるということです







最後に伝えたいこと


お子さんの性格や年齢に大きく左右されるのが


自分に合った効率の良い学習方法を早く見つけられるか?です


今回ご紹介した方法は あくまでも指導例のひとつです




まず、お子さんにあった学習方法をいくつか試しながら


学校のテストの点数や検定試験の点数などで確認してみてください



-おしまい-





★人気ランキング【塾教育】に参加しています(^0^)/

~ いつも応援ありがとうございます ~

▲ポチッと応援よろしくお願いします▲

次回をお楽しみに♪




この記事を読んだ人は、この記事も読んでいます

★現小中学生は やっておくと良い 5つのこと



【アメブロ】★過去の記事/★塾教育人気ランキング






<毎週火曜日更新> 姉妹ブログ

東京ジブリ水槽『天空の城ラピュタ』 アメブロ

~ジブリ大好き小学生のビオトープ水槽 観察ブログ~

2回の閲覧