• みれんぎじゅく

★短い「夏休み」は今から計画する 8月は 第 2波に注意!



わが子の「自ら学習するくせ」を育てる 親の上手な「促し方」 定価1300円+税





本が紹介されました!




Are You HAPPY? 1月号に掲載されました!




全国 38都道府県、118の図書館で蔵書されました ※2020年5月1日現在

カーリル [地域の図書館検索サイト]




本が紹介されました! 

◆ダ・ヴィンチニュース 読みたい本がここにある

学校では教えてくれない「わが子」に向いている伸ばし方


1人でも多くの子供達が、一つでも多くのご家庭が笑顔になれれば嬉しく思います









先日、越境も含めた感染拡大防止のための制限が徐々に


解除されることが発表になりました


学校も再開して 今週から通常通りのお子さんが多いと思います



ところで


今年の夏休みは短縮な学校が全国で 9割に上ります


そこで 今年の夏休みの過ごし方について触れたいと思います











今回の感染症予防の影響による休校は 長いところで 3ヶ月以上続きました


小学校も中学校も「1年間で学ぶこと」は教育法により決まっています


現在、夏休み長期休暇を短縮し、学習時間を確保する小学校・中学校は


全国で 9割越えとなりました



しかし、それでも授業時間が足りず、


7時間授業の実施、土曜授業の増加、行事の中止を行い、


正規教科授業の時間へ割り振りを決めた学校が多数続出されました











・授業時間が確保できる


・正規の成績評価手順で評価できる


・いわゆる夏休みぼけ(長期休み明け)が軽減できる



夏休み短縮は子供達にとっては残念なことです


とはいえ、夏休みは 学校によって差はあるものの


2~3週間確保している状況です


ただし、毎回 触れているように


学校によって夏休み期間だけでなく


内容が違っているので、毎回申し上げてますが


お子さんの学校だけを注視してください


今は他の学校のことを気にしたり、羨ましく感じる状況ではありません











・第2波が起こった場合、夏休み期間だけでは補填できない


・真夏の授業は熱中症対策が初めて


・学校プールの中止


・短期間、一斉夏休みなので旅行など 外出は相当な密が予想される




今年も酷暑の予報が出されています 公立小学校の多くはエアコンが設置済み


しかし、エアコン点けながら 換気も行うのは初めてのこと


さらに、自治体によっては予算の関係で まだエアコンがない小中学校もあります


マスクをしての授業は真夏にはかなりきつく、


気づかないうちに 熱中症になる可能性もあります



今後、感染症第2波が起これば、再び休校の可能性もあり、


再度休校になれば、夏休み短縮した学習時間では 学習時間の確保ができなくなります



そもそも夏休みは 40日間と子供達にとっては一大イベントです


旅行に行ったり、田舎に帰省したり、お祭りや花火大会、プールや海、部活動など


リフレッシュの時間と楽しみにあたる大切な期間です



また、大学受験の高3、高校受験の中3、中学受験を予定している小6の子供達は


第2波が起こった場合、夏期講習に行けなくなります


先日、ほとんどの学校で受検日程は変更しないことを発表しました


また、試験範囲も通常年と変わらない方向で実施予定です











●東京都「公立小・中学校」


夏休み期間  :8月1日~8月23日

通常授業   :7月21日~7月31日、及び8月24日~8月31日

※東京都のガイドライン

※但し、23区特別区で対応が変わっています



●神奈川県「公立小・中学校」


夏休み期間  :8月3日~8月16日

※各市町村教育委員会で対応が変わってます



●埼玉県「公立小・中学校」


夏休み期間  :8月1日~8月16日

※各市町村教育委員会で対応が変わってます











ここまでお話しすると 何を言いたいか


お分かりの方も いらっしゃると思います


夏休みの期間が短く、上記例のように 期間が集中しているんです!


つまり、旅行に出かけるにせよ、


少ないイベントに出かけるにせよ


人が集中することが 予想出来ます


つまり 相当な密!



期間が短く、同じ期間に集中するのであれば


今年の夏休みは工夫した過ごし方は必須です


旅行の計画であれば、なるべく人が少なくて済むような場所を選ぶなど


工夫をしてください



もし、感染すれば濃厚接触者をトレースする必要が出てきます


本人だけでなく、周りの人を巻き込まない行動が重要です


一番良いのは「お家で過ごそう」だと個人的には思います


ワクチンが開発されていない今年は ぐっと堪えた方が賢明です









最後に伝えたいこと


今年は 体育・図工(美術、技術)・音楽・家庭科など


専科科目の大会、発表行事で自分達の成長をアピールできる作品展やコンクール、


展示会の中止が決まっているものが多くあります



子共達は学習だけで力を発揮するわけではありません


その部分を 見失うことなく考えれば


夏休みの過ごし方も色んなアイデアが 出てきそうですね


お子さん任せ、塾任せではなく、ご家庭でお子さんと一緒に 考えてみてください



-おしまい-





★人気ランキング【塾教育】に参加しています(^0^)/

~ いつも応援ありがとうございます ~

▲ポチッと応援よろしくお願いします▲

次回をお楽しみに♪




この記事を読んだ人は、この記事も読んでいます

★「地獄の夏」はダメ 、今は「慣らしの梅雨」で成功する



【アメブロ】★過去の記事/★塾教育人気ランキング






<毎週火曜日更新> 姉妹ブログ

東京ジブリ水槽『天空の城ラピュタ』 アメブロ

~ジブリ大好き小学生のビオトープ水槽 観察ブログ~